読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接part1

 

こんにちは。

就活・研究・プロジェクトで半分魂が抜けております。

 

なんとなく今までの面接でどんなこと聞かれたか、何答えたか、そもそも面接どうすればいいのかなんかをつらつら書いていこうかと思っております。part1です。気が向いたらpart2も書きます。

 

ちなみに内々定と呼ばれるものをいくつかもらっておりますので参考程度にはなるのでは笑

 

ではどんなこと聞かれたかを…

  • 志望動機は?
    →その都度企業にあったことと絡めて答えてました。
  • 自己PRかねて自己紹介どうぞ
    →大学名前大学で何してたか等。コンテストなどの出場経験から行動力チャレンジ精神があるよ。
  • 学生時代一番頑張ったことは?
    →バイト。資格取ったりコンテスト積極的に出てきました。
  • チームで成し遂げた経験は?
    プログラミングコンテストで三ヶ月かけてシステム作ったよと。
  • 一番「やりきったこと」は?
    →同じくプログラミングコンテスト。社会人相手にがんばった、システム完成で満足せず本番当日まで事前準備を徹底したよってことを。
  • 他人からどんな人って言われる?
    →面倒見がいいって言われる。自覚もある。
  • ぶっちゃけうちの志望度どう?
    →志望順位はどこも一切決めてない。面接とかで話を聞いてから判断しようと思ってる。(これ今考えるとだいぶ上からな気が…)
  • うちの会社でなにしたい?
    →企業の話聞いたりパンフ見たりして興味持ったこと、もしくは新規事業やってみたいとか。
  • 将来像教えて?
    →数年は基礎を築く、その後全体を見るマネージャーとかになりたい。

などなど。

 

最終面接でも役員の方々から同じような質問をかなりされました。

幸い圧迫というものを一回も食らったことがなく、どの面接官もすごい頷きながら私の話を聞いてくれました。

 

あと面接どうすればいいのかですが、私の場合は

  1. 自己分析はそこそこやってそもそも自分何やってきたかは把握しておく(その中で特に話のネタになりそうなこと3つ、コンテストやアルバイトは頭に入れておく)
  2. 企業がそもそも何してるのか、具体的な仕事内容などはパンフレットや説明会で聞いてまとめておく
  3. 自己紹介、志望動機とPRだけは事前に練っておく
  4. 事前に質問は3つ考えておく(当日とっさに質問とか無理です)
  5. 面接はドアの前でルーティン、何か決まった動きを毎回する(首をぐるぐる回すとかその他もろもろ)
  6. 自己紹介と志望動機とPRはだいたい聞かれるのでそこを話す。
  7. あとはどの質問に対しても「1」で決めたネタになりそうな3つのことから無理やり紐付けて話をする
  8. 重要!面接は会話のドッヂボールになりがちだから、キャッチボールを心がけよう。一方的にベラベラ喋ると何言ってるのかわからなくなるよ。
  9. 話しながらしれっと笑う
  10. 何事もはっきりさせる。私は「自己紹介は以上です、本日は宜しくお願いします」や「私からの質問は以上です」など相手にまだ続くのか、終わりなのかをはっきり伝えてます。これ割と面接を円滑に進めるには重要だったり…

 

などなどですかね、書き始めるとキリが無い…笑

 

前にも書きましたが就活は楽しいです。(交通費はかかりますが)タダで時間もらって自分の話聞いてもらえるんですから。それにいろんな地にいくことができる!

第一志望とかあると思いますがそれまでにはちゃんと経験を積んどくに越したことは無いです。

 

では!

 

関係無いですが最近のラテアート状況

f:id:tamuchuchu:20170422122151j:plain

ウィングが綺麗!

 

では!